株式会社ベンリーコーポレーション

  • ベンリー本部
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
文字サイズ
小
中
大
ベンリー
調布駅店
〒182-0026 東京都調布市小島町1-24-6 グランドメゾン調布1階
  • 0120-353-886
  • 042-490-6064
  • トップページ
  • サービス紹介
  • シーン・目的 場所から探す
  • 店舗案内
  • 店舗日記
  • 採用情報


  • 引っ越し 家具移動 模様替え 部屋の片付け 不用品処理 ハウスクリーニング メンテナンス 部屋の掃除 レンジフードクリーニング 水廻り

店舗からのお知らせ過去のお知らせはこちら

2019/03/24引っ越しのお手伝い・不用品処理のお手伝い

毎年この時期になりますと、引っ越しのお手伝い不用品処理のお手伝い作業が

大変多くございます。

調布市だけでなく周辺からのお問い合わせも多いです。

今期も例年以上に多数のご用命ありがとうございます!

日時がせまっておりますとご希望に沿いかねる場合がございます。

少しでも多くのご要望に沿えるよう、ご予約はお早めにどうぞ!!

従業員一同みなさまのお問合せお待ちしております!!

2019/03/11家電リサイクルの方法

不要になった家電(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機・エアコン)の処理なら

当店にお任せください!!

引っ越しの際、また、模様替えの際などに多い不用家電を処理いたします。


特にお引っ越し前、かなり前から粗大ごみや廃家電の処理については

申し込んでおかないと間に合わないことが多いです。

もし、「廃家電の処理が引っ越しに間に合わない!」となってしまったら

当店にお問い合わせください。


こんなメニューがあなたをお助けいたします!
不用品処理のお手伝い
エアコン工事
家具の移動
引っ越しのお手伝い


廃家電の処理方法の詳細はコチラ(外部リンク)
一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

2017/03/03ヘルパー様・ケアマネージャー様必見

どんどん増える高齢者。医療、介護ではない
新しい選択肢 “生活支援サービス
必要なのは、誰かを助けたいという気持ち!


 2025年は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる年です。
2025年以降、2200万人、4人に1人が75歳以上という超高齢社会が
到来します。国は介護保険財政の膨張を抑えるため、施設から在宅
介護への移行を進めています。

 これにあたり今後、介護保険サービスでは賄いきれないことを、生活
支援サービス
が賄うようになっていきます。

 私達ベンリーは、生活支援サービス業のパイオニアとして、買い物
代行、重い荷物や家具の移動のお手伝い、お庭の草抜きなど、
約100種類のサービスを、全国でフランチャイズ展開しています。

 今まで「どこに頼んで良いかわからなかった」困りごとや、
内容によって「さまざまな業者を探さなければならなかった」困りごと。
全部一手に引き受けます
介護保険外サービスが必要なとき、ぜひベンリーをご指名ください。

 現在も、大変多くのヘルパー様、ケアマネージャー様から多数の
ご依頼、ご紹介を頂いており、ご好評をいただいております。

 また、厚生労働省の報道発表資料、
「地域包括ケアシステム構築に向けた公的介護保険外サービスの参考事例集」
(保険外サービス活用ガイドブック)について
の中でもベンリーが紹介されています。(p.32)
ぜひご確認ください。

 

店舗日記店舗日記トップページ

2019/09/15空き家の剪定・草取り

こんにちは、おおたです。



 今回は、空き家の剪定・草取り作業です。


伸びきってしまった植木を剪定します。


植木がボサボサだったり、草が生え放題だったり、


郵便物や広告がポストにぎっちりたまっていたりすると


明らかに空き家とわかってしまいます。



 ご近所の方はご存知かとは思いますが、物騒なんです。


空き巣に入られたり、放火されたりする危険もあります。


定期的にメンテナンスして、維持していく必要があります。



 今回の物件は、明らかに公道へ越境しまくっている樹木を


バサバサと落としていきます。


画像をご覧いただくと、暴れまくっている様子がうかがえますね。


剪定作業では、お客様のご要望に応じて行います。


来年も花がつくように。


実がなるのを楽しみにしている。


など。


今回は、できるだけ剪定回数が少なくなるように


バッサリと。実や花はあまり気にしない。


というパターンです。



で、ジャカジャカ切っていくと、何やら目が合うのが


いました。


植木に巣を作り、たまごを守っているハトがいました。


結構、近くの枝を切ってもなかなか逃げません。


向こうさまはもっと怖かったに違いありません。


しかし、野生の母性は恐るべしですね。


なんだか、こっちがやられると感じてしまい、


腰が引けてしまいました。


こわいのとかわいそうなのとが相まって、その周辺だけ


囲むように枝葉を残すことに。


”早く巣立っていなくなってくれよ”  と思うと同時に、


”何だこの剪定は!” とあとで怒られないかなという不安も


感じながらも現場をあとにしました。




剪定・草取り・ハトネット取り付けはベンリーへ。


よろしくお願いいたします。


 

Copyright(c)Benry Co.,Ltd. All rights reserved.